このページのリンク

中央構造線 / 杉山隆二編
チュウオウ コウゾウセン

データ種別 図書
出版者 東京 : 東海大学出版会
出版年 1973.9
本文言語 日本語
大きさ ii,401p, 図版1枚 ; 27cm
書誌ID 1000037864

所蔵情報を非表示

2F・開架図書
455||S8||B 119890012885



研究室
455||S8 119890051445



書誌詳細を非表示

別書名 標題紙タイトル:Median tectonic line
一般注記 昭和48年1月11日より13日まで,東海大学(清水市)で開催された「中央構造線の発達史に関する研究」のシンポジウムにおける講演者の論文を集めたもの
内容:領家深成作用と鹿塩時階の中央構造線(端山好和,山田哲雄) 赤石山地の中央構造線(松島信幸) メディアンライン東部の横ずれ断層(磯貝勝則) 中央構造線の第四紀断層運動について(岡田篤正) 中新世前の中央構造線(とくに近畿地方)(市川浩一郎,宮田隆夫) 近畿・四国の中央構造線のネオテクトニス(藤田和夫,奥田悟) 紀伊半島東部の中央構造線(荒木慶雄) 中央構造線に沿う破砕岩の小構造解析(越後格之,木村敏雄) 紀伊半島中部の中央構造線(梅田甲子郎) 近畿地方・中央構造線付近の圧砕性岩類(吉田勝,政岡邦夫) 四国島の中央構造線の新期の活動様式(須鎗和巳,阿子島功) 徳島県阿波郡市場町切幡,観音付近の“中央構造線"(中野光雄,槙木五郎,中川典) 愛媛県の中央構造線(永井浩三) 九州における中央構造線の問題(松本達郎) 中央構造線に沿う変成岩類(諏訪兼位) 活断層としての中央構造線(松田時彦) 中央構造線で失われた地質体(小児丈児)
氷上花崗岩とその周辺の断層(湊正雄〔等〕) 新生代後期における中央構造線と糸魚川-静岡構造線(藤田至則) 駿河湾の形成と中央構造線(星野通平) 日本列島の地史試論(上田誠也,都城秋穂) 震源分布よりみた西南日本のNeotectonics(村内必典) 地表付近の温度分布より地下熱源の推定(早川正巳) 鹿塩片麻岩の岩石成因と中央構造線(杉山隆二) 中央構造線に関する文献(宮田隆夫,岡田篤正)
著者標目 杉山, 隆二(1911-) <スギヤマ, リュウジ>
「中央構造線の発達史に関する研究」のシンポジウム (1973 : 清水市) <チュウオウ コウゾウセン ノ ハッタツシ ニ カンスル ケンキュウ ノ シンポジウム>
件 名 NDLSH:構造地質学
NDLSH:地質 -- 日本  全ての件名で検索
分 類 NDC6:455.8
NDC8:455.1
NDLC:ME612
ISBN 4486002547
NCID BN00666205

 類似資料

 この資料を借りた人はこんな資料も借りています