このページのリンク

労働価値論とは何であったのか : 古典派とマルクス / 米田康彦 [ほか] 著
ロウドウ カチロン トワ ナンデ アッタノカ : コテンハ ト マルクス

データ種別 図書
出版者 東京 : 創風社
出版年 1988.4
本文言語 日本語
大きさ vi, 216p ; 22cm
書誌ID 1000048710

所蔵情報を非表示

2F・開架図書
331.84||YY 119940006966



書誌詳細を非表示

一般注記 章末:文献あり
著者標目 米田, 康彦(1938-) <ヨネダ, ヤスヒコ>
件 名 BSH:労働価値説
BSH:経済学 -- 古典学派  全ての件名で検索
BSH:経済学 -- 社会主義  全ての件名で検索
NDLSH:経済学 -- 社会主義学派  全ての件名で検索
分 類 NDC8:331.84
NDC8:331.4
NDC8:331.6
NDC7:331.841
ISBN 4915659143
NCID BN02079572

 類似資料

 この資料を借りた人はこんな資料も借りています