このページのリンク

新ケルゼン研究 : ケルゼン生誕百年記念論集 / 長尾龍一〔ほか〕編
シン ケルゼン ケンキュウ : ケルゼン セイタン ヒャクネン キネン ロンシュウ

データ種別 図書
出版者 東京 : 木鐸社
出版年 1981.10
本文言語 日本語
大きさ 334p ; 20cm
書誌ID 1000093515

所蔵情報を非表示

2F・書庫-旧中央館学生図書(請求制)
311||234||2 119890032439



書誌詳細を非表示

一般注記 内容:ケルゼン研究 デモクラシー理論 筒井清忠著. ケルゼンとフロイト断章 上山安敏著. ケルゼン管見ー擬制としての根本規範 菅野喜八郎著. “ラッサールへ還れ" 今井弘道著. 純粋法学と法存在論 高橋広次著. 独創における陳腐 手島孝著. イデオロギー批判としての法解釈 大塚滋著. 異説・ケルゼン考 中村雄二郎著. 認識論における法の構成ーケルゼンとラスクの法認識論の差異に関する覚書 柳沢謙次著. ケルゼンと私 宮田豊著. 決定と正当化ーケルゼンとルール懐疑 井上達夫著. 日本法学とケルゼン 美濃部達吉のケルゼン論 長沢龍一著. ケルゼンの自然法観と田中耕太郎 高橋広次著. 木村亀二のケルゼン研究 大塚滋著. 宮沢俊義とケルゼンー宮沢の八月革命説を中心として 森田寛二著.
清宮憲法学と純粋法学ー根本規範論を中心として 新正幸著. 黒田覚とケルゼン 山下威士著. 浅井清と純粋法学 古野豊秋著. 柳瀬良幹とハンス・ケルゼン 藤田宙靖著
著者標目 長尾, 竜一(1938-) 〔ほか〕編 <ナガオ, リュウイチ>
件 名 NDLSH:Kelsen, Hans(1881〜1973)
NDLSH:法律学
分 類 NDC8:321.234
NDLC:A124
NCID BN00460163

 類似資料