このページのリンク

黄禍論とは何か / ハインツ・ゴルヴィツァー著 ; 瀬野文教訳
コウカロン トワ ナニカ

データ種別 図書
出版者 東京 : 草思社
出版年 1999.8
本文言語 日本語
大きさ 261p ; 20cm
書誌ID 1000230382

所蔵情報を非表示

2F・開架図書
316.8||GH 120010003724

4794209053

書誌詳細を非表示

別書名 原タイトル:Die Gelbe Gefahr : Geschichte eines Schlagworts, Studien zum imperialistischen Denken
一般注記 原著(Göttingen: Vandenhoeck & Ruprecht, 1962)の翻訳
文献目録: p254-261
著者標目 Gollwitzer, Heinz, 1917-
瀬野, 文教(1955-) <セノ, フミノリ>
件 名 BSH:黄禍論
分 類 NDC8:316.8
NDC9:316.8
ISBN 4794209053
NCID BA42673690

 類似資料