このページのリンク

今昔物語集 / 池上洵一編
コンジャク モノガタリシュウ
(日本文学研究大成 / 日本文学研究大成刊行会監修)

データ種別 図書
出版者 東京 : 国書刊行会
出版年 1990.11
本文言語 日本語
大きさ 373p ; 22cm
書誌ID 1000063516

所蔵情報を非表示

2F・開架図書
913.37||IZ 119920010723



書誌詳細を非表示

内容注記 中世的世界 / 石母田正[著]
中世の説話 : 伝承と発想 / 西尾光一[著]
和漢混淆文の形成 : 文学史の課題として / 永積安明[著]
古代説話文学における表現の問題 / 益田勝実[著]
今昔物語集巻八と仏法部組織の成立 / 国東文麿[著]
説話の二系列について : 打聞集, 今昔物語, 古本説話集, 宇治拾遺物語の関係 / 高橋貢[著]
今昔物語集の成立に関する諸問題 : 俊頼髄脳との関連を糸口に / 今野進[著]
今昔物語集成立論の一視点 : 歌集との連関を軸として / 河内山清彦[著]
今昔物語集天竺部考 : 巻一第一話「癸丑ノ歳ノ七月八日云々」を中心として / 黒部通善[著]
震旦は秦にはじまる : 『今昔物語集』巻十第一話にみえる歴史認識 / 宮田尚[著]
和文クマーラヤーナ・クマーラジーヴァ物語の研究 / 本田義憲[著]
「開いた表現」から「閉じた表現」へ : 国語史のありかた試論 / 阪倉篤義[著]
今昔物語集の表記より片仮名交り文の起源に及ぶ / 門前正彦[著]
わが中世 / 寺田透[著]
伴信友の鈴鹿本今昔物語集研究に導かれて / 酒井憲二[著]
今昔物語集「鈴鹿本」興福寺内書写のこと : 付巻五第六話の出典について / 田口和夫[著]
九州大学萩野文庫蔵「今昔物語抄」について / 迫野虔徳[著]
「蔵俊僧都作」『類集抄』について / 剣持雄二[著]
「今昔物語集」研究の一視点 : 説話の語りと親鸞の動機をめぐって / 坂口勉[著]
説話文学試論 / 今成元昭[著]
『今昔物語集』の猿神退治 : 巻二十六第七話を中心に / 池上洵一[著]
今昔物語集の語り : その構築性 / 小峯和明[著]
内部矛盾から説話形成へ : 今昔物語集の統一的把握をめざして / 森正人[著]
今昔物語集の<仏法>と<王法> : その固有性をめぐって / 前田雅之[著]
一般注記 執筆: 石母田正ほか
文献: p370-373
著者標目 *池上, 洵一(1937-) <イケガミ, ジュンイチ>
石母田, 正(1912-1986) <イシモダ, ショウ>
件 名 BSH:今昔物語
NDLSH:今昔物語
分 類 NDC8:913.37
NDLC:KG91
ISBN 4336030790
NCID BN05608239

 類似資料

 この資料を借りた人はこんな資料も借りています