このページのリンク

織豊政権 / 藤木久志, 北島万次編
ショクホウ セイケン
(論集日本歴史 ; 6)

データ種別 図書
出版者 東京 : 有精堂出版
出版年 1974.6
本文言語 日本語
大きさ 2, 369p : 挿図 ; 22cm
書誌ID 1000206488

所蔵情報を非表示

3F・書庫-旧中央館分類-和書(請求制)
810||99-6 119890167900



書誌詳細を非表示

一般注記 監修: 豊田武, 児玉幸多, 大久保利謙
内容: 近世封建制論をめぐって(朝尾直弘), 統一政権論についてのノート(佐々木潤之介), 織豊政権論(鈴木良一), 織豊政権(豊田武), 信長の出現と中世的権威の否定(今井林太郎), 近世封建制の成立--信長政権を中心に(脇田修), 豊臣政権の構造(山口啓二), 豊臣政権の知行体系(三鬼清一郎), 山城・近江における豊臣氏の蔵入地について(岩沢愿彦), 九州における豊臣御蔵入米(地)について--肥後の代官加藤清正を中心に(森山恒雄), 石山戦争に於ける紀州一揆の性格(結城範子), 近世初期肥後国衆一揆の構造--天正十五年検地反対一揆(森山恒雄), 聖者の胃袋(松本新八郎), 切支丹禁因の再吟味--天正禁令について(海老沢有道), 朝鮮の役と九州(中村質), 対外戦争における豊臣秀吉の目的(中村栄孝), 朝鮮役における軍役体系について(三鬼清一郎), 朝鮮軍の捕虜になった福田勘介の供述--朝鮮人俘虜の日本農村耕作など(中村栄孝), 文禄、慶長の役に於ける朝鮮人抑留に関する資料(丸茂武重), 解説(北島万次)
文献目録(藤木久志): p352-368
著者標目 藤木, 久志(1933-) <フジキ, ヒサシ>
北島, 万次(1935-) <キタジマ, マンジ>
件 名 NDLSH:日本 -- 歴史 -- 安土桃山時代  全ての件名で検索
分 類 NDC8:210.1
NDC6:210.1
NDLC:GB71
NDLC:GB315
NCID BN02288721

 類似資料