このページのリンク

文学史の時空 / 宮腰直人編
ブンガクシ ノ ジクウ
(シリーズ日本文学の展望を拓く / 小峯和明監修 ; 第4巻)

データ種別 図書
出版者 東京 : 笠間書院
出版年 2017.11
本文言語 日本語
大きさ xxviii, 460p : 挿図 ; 22cm
書誌ID 1000437708

所蔵情報を非表示

2F・開架図書
910.8||N||4 120170003282

9784305708847

書誌詳細を非表示

内容注記 往還と越境の文学史にむけて : 総論 / 宮腰直人 [執筆]
〈環境文学〉構想論 / 小峯和明 [執筆]
古典的公共圏の成立時期 / 前田雅之 [執筆]
中世の胎動と『源氏物語』 / 野中哲照 [執筆]
中世・近世の『伊勢物語』 : 「梓弓」を例に / 水谷隆之 [執筆]
キリシタン文学と日本文学史 / 杉山和也 [執筆]
〈異国合戦〉の文学史 / 佐伯真一 [執筆]
近代日本における「修養」の登場 / 王成 [執筆]
『明治往生伝』の伝法意識と護法意識 : 「序」「述意」を中心に / 谷山俊英 [執筆]
紫式部の内なる文学史 : 「女の才」を問う / 李愛淑 [執筆]
『浜松中納言物語』を読む : 思い出すこと、忘れないことをめぐって / 加藤睦 [執筆]
『蜻蛉日記』の誕生について : 「嫉妬」の叙述を糸口として / 陳燕 [執筆]
"文学"史の構想 : 正接関数としての / 竹村信治 [執筆]
藤原忠通の文壇と表現 / 柳川響 [執筆]
和歌風俗論 : 和歌史を再考する / 小川豊生 [執筆]
個人と集団 : 文芸の創作者を考え直す / ハルオ・シラネ [執筆]
演戯することば、受肉することば : 古代都市平安京の「都市表象史」を構想する / 深沢徹 [執筆]
近江地方の羽衣伝説考 / 李市埈 [執筆]
創造的破壊 : 中世と近世の架け橋としての『むさしあぶみ』 / デイヴィッド・アサートン [執筆]
南奥羽地域における古浄瑠璃享受 : 文学史と語り物文芸研究の接点を求めて / 宮腰直人 [執筆]
平将門朝敵観の伝播と成田山信仰 : 将門論の位相・明治篇 / 鈴木彰 [執筆]
近代日本と植民地能楽史の問題 : 問題の所在と課題を中心に / 徐禎完 [執筆]
反復と臨場 : 物語を体験すること / 會田実 [執筆]
ホメロスから見た中世日本の『平家物語』 : 叙事詩の語用論的な機能へ / クレール=碧子・ブリッセ [執筆]
浦島太郎とルーマニアの不老不死説話 / ニコラエ・ラルカ [執筆]
仏教説話と笑話 : 『諸仏感応見好書』を中心として / 周以量 [執筆]
南方熊楠論文の英日比較 : 「ホイッティントンの猫--東洋の類話」と「猫一疋の力に憑って大富となりし人の話」 / 志村真幸 [執筆]
「ロンドン抜書」の中の日本 : 南方熊楠の文化交流史研究 / 松居竜五 [執筆]
南方熊楠の論集構想 : 毛利清雅・高島米峰・土宜法龍・石橋臥波 / 田村義也 [執筆]
理想の『日本文学史』とは? / ツベタナ・クリステワ [執筆]
一般注記 監修: 小峯和明
内容: 諸言(鈴木彰), 総論: 往還と越境の文学史にむけて, 第1部: 文学史の領域(1「〈環境文学〉構想論」-6「『明治往生伝』の伝法意識と護法意識」, コラム(「中世・近世の『伊勢物語』」, 「〈異国合戦〉の文学史」)), 第2部: 和漢の才知と文学の交響(1「紫式部の内なる文学史」-5「和歌風俗論」, コラム(「"文学"史の構想」, 「個人と集団」)), 第3部: 都市と地域の文化的時空(1「演戯することば、受肉することば」-5「近代日本と植民地能楽史の問題」, コラム「創造的破壊」), 第4部: 文化学としての日本文学(1「反復と臨場」-6「「ロンドン抜書」の中の日本」, コラム(「南方熊楠の論集構想」, 「理想の『日本文学史』とは?」)), あとがき(小峯和明), 執筆者プロフィール, 全巻構成(付キーワード), 索引(人名/作品・資料名)
参考文献あり
著者標目 宮腰, 直人 編 <ミヤコシ, ナオト>
小峯, 和明(1947-) 監修 <コミネ, カズアキ>
件 名 BSH:日本文学
BSH:日本文学 -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:日本文学 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC9:910.8
NDC10:910.2
ISBN 9784305708847
NCID BB24814991

 類似資料

 この資料を借りた人はこんな資料も借りています