このページのリンク

英語実証研究の最前線 / 八木克正 [ほか] 編
エイゴ ジッショウ ケンキュウ ノ サイゼンセン

データ種別 図書
出版者 東京 : 開拓社
出版年 2020.9
本文言語 日本語,英語
大きさ xi, 217p ; 21cm
書誌ID 1000471902

所蔵情報を非表示

2F・開架図書
835||YK 120210002022

9784758922890

書誌詳細を非表示

別書名 標題紙タイトル:The latest development in usage-based studies in English linguistics
内容注記 英語の依頼表現could you kindlyは丁寧な表現か : コーパスによるアプローチ / 鈴木大介 [執筆]
起動動詞commenceの補部の考察 : 名詞を補部にとる場合 / 藏薗和也 [執筆]
心理的距離と抽象度による代名詞の使い分けが及ぼす影響 : 人を表すthey who, these who, those whoの場合 / 井上亜依 [執筆]
to不定詞と動名詞 : like/love to不定詞構文とlike/love動名詞構文を中心に / 友繁義典 [執筆]
偶然的連鎖・コロケーション・定型表現 : 原因のfrom, withの考察から / 八木克正 [執筆]
斎藤秀三郎『熟語本位英和中辞典』の語法と文法 / 神崎高明 [執筆]
commonタイプ形容詞とIt is Adj. that節/It is Adj.〈for X〉to Vのパタンの親和性について / 住吉誠 [執筆]
Before節における過去完了形と過去形 : 出来事の時間的構造の視点から / 傅建良 [執筆]
構文の定型性と意味機能の拡張 : here'sとhere isに後続するVing, to Ving, to Vを例に / 梅咲敦子 [執筆]
英語軽動詞構文の構文としての意味はどこにあるのか? : 主動詞構文との比較を中心に / 井口智彰 [執筆]
usingの前置詞的用法について : 文法化の観点から / 林智昭 [執筆]
様態副詞の基本位置とそこからの逸脱 / 西村知修 [執筆]
X is the new Y, X is the new black,そしてorange is the new black : 社会変動をベースとするメトニミー拡張 / 友繁有輝 [執筆]
一般注記 その他の編者: 神崎高明, 梅咲敦子, 友繁義典
執筆者「住吉誠」の「吉」は土に口の置き換え
参考文献: 各章末
著者標目 八木, 克正(1944-) <ヤギ, カツマサ>
神崎, 高明(1951-) <カンザキ, タカアキ>
梅咲, 敦子 <ウメサキ, アツコ>
友繁, 義典 <トモシゲ, ヨシノリ>
件 名 BSH:英語 -- 文法  全ての件名で検索
NDLSH:英語学 -- 論文集  全ての件名で検索
分 類 NDC8:835
NDC9:835
NDC10:835
NDLC:KS14
NDC10:830.4
ISBN 9784758922890
NCID BC03137484

 類似資料